イタリア リゾート 旅の情報コラム カプリブルー イタリアリゾート専門 プライヴェートツアーのコンシェルジュサーヴィス

イタリア リゾートの旅と風景 笑顔と音楽 - カプリブルーコラム

絵画もまた2つとない体験なのだ・・ と感じた エルグレコ2012

2012/12/11

カプリブルーのfacebookページ じっくり読める最新情報をどうぞ イタリアリゾート最新情報はtwitterでどうぞ 今すぐfollow me ! RSSフィードはこちら



【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -心を捉えたエル・グレコ

心を捉えたエルグレコの"受胎告知"(同テーマ)



ひさしぶりの

つぶやきジノーです。



 以前からFacebook でも 少し書いていて

こちらのブログでも

先週土曜日 12/8 に ちらりと触れていましたが



 この秋、大阪に来ている


エル・グレコ(El Greco)展を

何度か訪ねています。


 エルグレコ、激しく好き、ということではありませんが


好きなアーティストのひとりです。


 (ツンデレ初海外旅の日記では、あまり書いてませんが

トレド(Toledo)でも この方にまつわる場所は

訪ねていますよ・・・)


 
 この冬の感想は、ひとことでいえば、


ああ、絵画(美術作品・アート)も体験なんだなぁ・・・

 
 ということです。


 あたりまえ、と思われるかもしれませんが、



 同じ作品、同じ作品群でも、


その時、そのとき、の


 タイミングや環境、


そして、見る人(=私Gino)の体調や心境によっても


 見え方、伝わってくるもの、

感じることが 変わるんだなぁ・・・と。


 いや、あたりまえ、ですねぇ・・・。


 今回の展覧会には、

世界から集められた どれも素晴らしい作品が

50点以上も展示されていて、


見る人に

 強かったり、優しかったり、

にぎやかだったり、静かにだったり

 それぞれに伝えてくるものがありました。


 しかし

それらの作品たちから受ける印象、


 伝わってくるものが

 足を運ぶ度ごとに、

かわっていくことが興味深かったです。


  最初に惹かれた

シンプルな画家の自画像が


 次に見ると、


 “もう、私はよいから、

  先へ行け“


 と語りかけてきたり、



 一度は饒舌に、強烈なインパクトを寄せてきた

大作が 次には

 すっと潮が引くようにしずかであったり・・・



 その時ごとの


印象の違いが新鮮に感じられました。


 
 最後に心ひかれたのが


この記事の一番上の画像と同じテーマの作品です。



 比較的小さめの作品なのですが


見上げるような大作よりも


 ぐっと強く心をつかまれました・・・



 (今のところ。)


 また この次に訪ねたときには

印象がかわっているかもしれませんが・・


 
 以前に

 
 “同じ旅は2つとない”


という記事を書いていましたが、


同じ作品たちを


 同じ自分が見るのであっても



 2つと同じ体験はないのだなぁ・・



 と妙に実感した

 2012年 冬の エルグレコ展でした。



あなたも、

 好きな作品に もう一度 会いにいってみませんか?



先の記事では

ニホンのおさかなやさんもびっくり

チェターラからまぐろお届け!


【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -チェターラからまぐろお届けっ!

しました。



【彼女の恋した南イタリア】 〜 diario-forza SANRIKU

【彼女の恋した南イタリア】 〜 diario-カプリブルー ジーノ こんな人が書いてます。

140ジノつぶやき

やっぱり、好きかも。


『好きなのねぇ・・・』 って思ったら >> 押してね。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ


フェイスブックでも これまでの記事をお読みいただけます!


お急ぎの方は 最新ダイジェストをtwitterで!

Twitterでもフォローしてみて!


カプリブルーのfacebookページ じっくり読める最新情報をどうぞ イタリアリゾート最新情報はtwitterでどうぞ 今すぐfollow me ! RSSフィードはこちら